大阪、兵庫、関西全域、暖炉、薪ストーブの掃除及びメンテナンスはWASHMANにお任せください

 

 

寒くなってきますと、そろそろ暖炉の準備をしようかと思います。

暖炉と言っても様々なメーカーがあり、タイプも様々です。

薪ストーブということが多いのですが、

その薪ストーブに関してまとめてみました。

 

暖炉と薪ストーブの違い

暖炉には扉がなく、薪ストーブには扉があります。

一部暖炉でも扉付きがあり、

薪ストーブでも扉なしの開放型があります。

 

もう一つの特徴としては、

暖炉は壁と一体化しているのに対し、

薪ストーブは部屋に設置するものが多いです。

暖炉は家の中で焚火をしている感覚です。

家のインテリアとしては断然暖炉のほうがいいでしょう。

西洋風の家屋にあこがれているのであれば、

使用しなくてもインテリアとして価値もあります。

 

家の中の暖房機器として活用するのでしたら

暖炉よりも薪ストーブのほうが効果が高いです。

暖炉は家の中で焚火をしている感覚で、

燃えている音や、匂い等が感じられ、

一見すると暖炉のほうが暖かくなると思いがちですが、

薪ストーブは暖炉を強化したものと言えます。

メンテナンスを考えると暖炉は家屋と一体化しているのに対し、

薪ストーブは設置するタイプですので、

薪ストーブのほうがメンテナンスがしやすいです。

 

インテリアとして暖炉が必要でなければ、

実用性重視の薪ストーブの使用をお勧めします。

 

薪ストーブの種類

クラシックスタイル薪ストーブ

伝統的なデザインで、薪ストーブというとこのタイプを想像される方が多いです。

存在感抜群でインテリアとしてもプラスとなります。

 

モダンスタイル薪ストーブ

薪ストーブを置くためにインテリアを考えなくてもいい

現代の家屋に設置しても何ら違和感のないデザインです。

縦型のものが一般的です。

 

クッキングストーブ

単なる暖房器具としてではなく、

調理器具としても使用可能な薪ストーブです。

 

ビルトインタイプ薪ストーブ

壁に埋め込むタイプの薪ストーブです。

壁に収納されてしまいますので、

部屋がすっきりとした印象になります。

薪ストーブに存在感を持たせたくない場合はお勧めです。

 

構造の違い

輻射式薪ストーブ

現在一番流通しているのがこのタイプです。

ストーブ内で熱をためて、ストーブ自身を温めて

熱を放射する仕組みです。

ストーブ自体を暖めるので、熱効率がよく、

使用開始から部屋が暖まるのが早いです。

ストーブ自身がかなり熱くなるので、

火事や火傷に注意する必要があります。

 

対流式薪ストーブ

ストーブで暖められた空気が自然対流

もしくはファンによって送り出される仕組みです。

構造上壁や他の家具にも近づけることができるストーブです。

 

暖炉のような開放式薪ストーブ

暖炉と薪ストーブの違いは扉があるかないかですと言いながら、

扉がない薪ストーブも存在します。

構造上暖房性能で他の2タイプよりも劣るので、

店舗等インテリアとして使用されることが多く、

一般家庭で使用されることはあまりありません。

 

薪ストーブ素材の違い

鋳鉄製

構造上暖まりにくく、冷めにくい

 

鋼板製

鋳鉄製よりも温度の上昇速度が速く、

下降速度も速いです。

デザインに富んだ作りのものが多いです。

 

天然石

蓄熱性に最も優れている反面、

暖まるのももっとも時間がかかります。

重量があるので、ストーブ自体の重量が最も重いです。

 

ペレットストーブ

薪ストーブではないのですが、

最近流行りつつあるペレットストーブ。

木材を細かく砕いて乾燥させたものを燃料にしたストーブです。

設置や管理が薪ストーブよりも簡単です。

 

キャンプ用薪ストーブとメンテナンスについて

薪ストーブで探しますと、

キャンプ用の薪ストーブが検索結果に出てきます。

想像通りテント内で使うものを家で使用すると熱量が足らないです。

キャンプ用のものは小型で分解もしやすいので

基本的に専門業者に依頼しなくても清掃メンテができます。

 

キャンプ用薪ストーブ窓清掃

簡単ですみませんが、雑巾で拭くだけです。

ただ、拭いたぞうきんが真っ黒になってしまいますので、

その点はご注意ください。

 

キャンプ用薪ストーブ煙突メンテナンス

煙突ブラシですすを落とします。

クレオソートが着している場合は

分解してその部分を焼くのが一番手っ取り早い方法です。

 

ロマンチカル薪ストーブ

キャンパーの中でも冬にキャンプに行く人の中で

ただ今話題沸騰中の薪ストーブが

新保製作所のロマンチカル薪ストーブ。

ダッチオーブンもストーブの中に入れることができ

暖房機能と調理機能共に申し分なし。

窓が大きいので炎を見て癒されるという声も多いです。

重さも16kgで持ち運びにとても便利。

注意点は、あまりにも人気でオーダーから約4か月待ちの納品となります。

 

大阪、兵庫、関西の薪ストーブ販売設置専門店

 

・株式会社京阪エンジニアリング

2016年度GOOD DESIGN AWARDを受賞

販売から施工までワンストップで行ってくれます。

 

大阪、兵庫、関西、で暖炉施工業者を探す

暖炉は家屋に一体化させるので、

購入というか、施工と言った方がいいと思います。

施工業者を探す点では以下のサイトからどうぞ。

 

暖炉と薪ストーブの掃除メンテナンスに関して

簡単に言いますと作業のほとんどが煙突掃除です。

屋根に上る、もしくは脚立を用いて煙突の上からブラシですすを落としていきます。

すすがたまると燃焼効率が悪くなって

暖房効果が低下しますので、

定期的なメンテナンスが必要です。

 

高いところが苦手な方や、作業するのがめんどくさいとおっしゃらるのでしたら、

大阪、兵庫、関西一円暖炉、薪ストーブの掃除、メンテナンスはWASHMANにお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です